2015-06-09

ニュース

佐藤棟良氏の御逝去に際し

佐藤棟良氏の御逝去に際し

2015年6月5日、フェニックス・シーガイア・リゾートの創業者である、佐藤棟良氏が永眠されました。

この緑の園が、永遠に人間性を豊かにする平和な楽園でありたい” (※)

佐藤氏は、南北11㎞の壮大で美しい松林を残すため、この一ツ葉エリアにリゾートを創られました。 国内における黒松林は、環境の変化など様々な要因により衰退している状況ですが、このエリアでは 緑豊かで元気な姿を保っています。
私たちは黒松林の保全・育成を行い、ここを訪れた皆様に、美しい景色を眺め、爽やかな空間で体を動かしていただく。佐藤氏が描いていた「一ツ葉の自然と共生する」という精神を受け継ぎ、日本の財産として次の世代へ引き継いでまいります。

“故郷を愛し、人を愛す” (※)

「宮崎から世界へ」という発想による「宮崎国際会議場」の建設や「ダンロップフェニックストーナメント」の開催などは、今日までの宮崎の発展に寄与するものであります。
すべての発想は、郷土の発展のため、宮崎の未来のため。事業家としての印象が強い佐藤氏ですが、 その一方で郷土愛に溢れた人物でもありました。

佐藤氏の思いを受け継ぎ、このリゾートを、そして宮崎の観光を成長させることが、私たちの使命だと考え、 そのお人柄とご功績に心から敬意を表し、ご冥福をお祈りいたします。

2015年6月9日
フェニックスリゾート株式会社
代表取締役社長 松永裕文

 

※)当リゾートを作られた際の同氏の思いは、リゾート内に「誠心の碑」として残されています。