黒松の森

img_kuromatsu_top

シーガイア黒松の森宣言

一ツ葉海岸にある黒松の森は200 年前住民の暮らしを守るために植栽されました。
南北11km、幅1km に広がる100 万本以上の松は、強風や潮害を防ぐだけでなく私たちに安らぎと癒しをもたらしています。
環境の変化により日本中で松林が衰退するなか、一ツ葉海岸の黒松の森は美しい緑のまま保たれています。この森に関わる人々が長い歴史の中で世代を超えて、こまやかに手入れしてきた証です。松林は人が入れば入るほど守られ、育っていきます。
私たちは、この黒松の森を、宮崎県の、そして日本のかけがえのない財産として守り、はぐくみ、次の世代に引き継ぎます。
黒松の森に足を踏み入れ、五感で愉しむ。
フェニックス・シーガイア・リゾートは、これからも黒松の森と共生するリゾートであり続けることをここに宣言します。

img_kuromatsu_01

シーガイア独自の管理方法

フェニックス・シーガイア・リゾートにおける緑地合計約2,417,000㎡によるCO2固定量は、2,168世帯の年間消費電力を算出される際に排出される量に相当します。環境ホルモンに全く影響されない自然の物質のみを使った、当社が独自に編み出した生態系重視の新しい松の管理法により、1haあたり15本以上の松が枯れる激害の松林が全国的に増える中、当リゾート開発以降の取組みにより、年間の松枯れ本数約0.4本/1haという驚異的な数字を記録した年もありました。温暖化防止、大気の浄化等を通して生態系の維持にも貢献しています。

img_kuromatsu_02

フィトンチッドあふれる癒しの森で楽しむ

約700haの広大で緑豊かな黒松林の環境を活かしたアクティビティーが充実。
黒松から多く放出される「フィトンチッド」は、リラックス効果をはじめ、殺菌作用や細胞を活性化させる効果があるといわれており、松林の中で有酸素運動などを行うことで、さらに健康な体作りが期待できます。

img_kuromatsu_03